tel_sp.png
メールでのお問い合わせ
ホットストーンセラピー

冷えが強い人は年中冷えてますね。

私達の患者さんの9割は冷えてます。部分的に言えばほぼ99.9%の人に冷えがあります。

冷える事によっておこるこんな事が体に起こってきます。


*冷えのデメリット*

・免疫力が低下
体温が1度下がると免疫力が30%低下
血液は全身の細胞に栄養素・酸素を送り届け変わりに老廃物を持って帰ってきます。
その血液の中には免疫機能を持った白血球が存在し体の異物をパトロールしています。
冷えて血流が悪いと素早く駆けつけてくれなくなりウイルス・細菌に負けて発病しやすくなってしまうのです。

・太る
体温が1度下がると代謝が12%低下
冷えると酵素の働きが鈍くなり血液やリンパ液や水分の循環が悪くなり老廃物を外に出せず溜め込む。
むくみがセルライトとなり蓄積、代謝ダウンし脂肪が燃えにくい状態に!!

・自然治癒力の低下
体が冷えると脳や内臓などの体の大切所を優先して血液を供給します。
そのため手足や筋肉の血流量が後回しになってしまい老廃物が溜まりやすくなり、治りが遅くなります。

・内臓機能が低下し自律神経の乱れホルモンに影響、あらゆる体の不調を引き起こします。
心臓から遠い足元から冷えやすく、お腹・生殖器・肺の順番におこります。
 
・お腹のトラブル 
腰痛・腰痛から来る肩こり・シミ・肌荒れ・口内炎・胃腸障害・内臓下垂・便秘・下痢

・腎臓・副腎・泌尿生殖器のトラブル
肥満・婦人病・腎臓病・尿道炎・神経痛・リウマチ・夜尿症・精力減退

・呼吸器のトラブル
風邪を引きやすい・せき・喘息・気管支炎・頭痛・うつ症状・首から来る肩こり・アレルギー性鼻炎

そこで、ひとの和からの超オススメコース誕生!!!

  ホットストーンセラピー
~温熱療法の「効き目」の医学的根拠~

体を温めるとなぜいいのか??
その答えがこちら、HSP《ヒートショックプロテイン》理論。
お灸・赤外線などの温熱療法・温泉治療や温泉での湯治が昔から「体に良い。健康に良い。」と受け継がれている背景には、科学的根拠に基づいたものであった現代医学が証明され注目されています。

これまでの「血流量が上昇し循環が良くなる」医療的メリットに加えて、熱刺激で細胞内に発現する特殊なたんぱく質、《ヒートショックプロテイン》(以後HSP)が発見されています。

そして、このHSPは傷ついたたんぱく質を修復させて細胞を守る、免疫力を増強するといった能力があるのです!!

生体には、攻撃から守ろうとする防御&修復である特殊なたんぱく質があり、攻撃されると増加します。
その攻撃(ストレス)で安全かつ手軽に使えるのが熱ストレス。

ということは・・・
「温熱療法をすると、回復たんぱく質「HSP」が増加して、自然治癒力をアップする!」

そこで、「ひとの和はり灸整骨院」はHSPをもっとも効率的に増加し、治癒力を高める

《ヒートショック温石回復法》をおすすめします。

体温を一時的に38℃~38.5℃に温められる55℃~60℃のホットストーンを各ツボに配置10分温め、ホットストーンの遠赤外線効果が深部まで熱刺激を加え、鍼灸に用いるツボを的確に温め経絡の流れを整え、HSP効果の免疫力&自然治癒力を高め、体の冷えやすい体質改善にも効果を発揮します。

・治療 1回 10分 1000円(税別)

効能

温石回復コース
・肩こり  ・腰痛   ・疲労回復  ・眼精疲労  

末端冷えコース
・冷え性  ・生理不順 ・不妊症   ・不眠症  

HSPは施術2日後に最も増加し、4日程度有効に働きます。
理想は3,4日に1回、週に2回の施術で免疫力&自然治癒力が高まったまま保つ事ができます。

当院のメイン手技である、マッサージ&オステオパシーでの「自然治癒力の強化」の効果を
さらに高める事のできるヒートショック温石回復法も一緒に受けてみてはいかがでしょうか??

ひとの和はり灸整骨院facebook
TEL:022-253-6101 お問い合わせ